読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

making for the future

〜食べたもの、気がついた事、時々ITネタの自分用メモ

麻布 薮原十区 (やぶはらじゅっく)

薮原十区 (やぶはらじゅっく)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13004604/

メニューは1000円、1500円、1800円、2000円とメインの魚によって価格が分かれていて時鮭(1500円)を選択。

炭火で焼かれる時鮭は身も皮も非常に上品に焼かれていていてうまいが、
メインの魚よりもおひつからよそわれる米が抜群にうまい。
絶妙な甘みがあり、一粒一粒がふっくらと仕上がっている。

小鉢も3種で、大きな蛸がゴロゴロ入った蛸ときゅうりの酢の物等レベルが高い。
麻布の魚ランチでは「たき下」と双璧なんではないだろうか。大根おろしと大きな身を豪快に焼いてあるたき下と、繊細に焼いてあり米が抜群にうまい薮原十区。


なお、店構えは看板も出ていなくて非常に分かり辛い。
新一の橋交差点から歩いて東麻布方面に向かった住宅街の中にある。
(写真はいまいちだが外観内装ともに割とおしゃれな感じ)