読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

making for the future

〜食べたもの、気がついた事、時々ITネタの自分用メモ

SFC平会員がプラチナステータスを目指すべきか迷った話

今年は飛行機(ANA便)に乗る機会が多くて、11月の時点で約45,000プレミアムポイントになりそうな状況になっています。
こうなると、50,000ppがほとんど見えていますので、プラチナステータスを目指したくなるもの。
ただ、既にスーパーフライヤーズカードは持っていますので、5万pp到達の最大の恩恵であるSFC会員資格ゲットは今回メリットとなりません。

たかだか5,000ppならポイントサイトでマイル稼いで行っちゃえ!という感じもしますが、どうしようかな~といろいろ考えた結果をまとめます。
f:id:noanohakobune:20160815101818p:plain

スポンサード リンク



現状

  • SFC会員(ステータス無し)
  • カードは三井住友VISAゴールド
  • 11月頭時点で想定44,682pp
  • 一部国際線のスターアライアンス便利用(約12,000pp分)

残りの5,318ppを獲得するのに必要なコスト

SFC修行の定番である「羽田-沖縄のプレミアム旅割28」で片道2,860pp獲得できるので、
単純に羽田-沖縄をプレミアムクラスで往復すれば5720ppとなり、50,000ppを超えることができます。

現状 沖縄修行後
プレミアムポイント 44,682pp 50,402pp
うちANA利用分 32,682pp 38,402pp

なお、羽田-沖縄のプレミアム旅割28にかかる概算費用は以下の通り。

  • 片道25,690円
  • 往復51,380円

※適当な日付の安めの運賃を記載

得られるメリット(SFCブロンズとSFCプラチナの違い)

主要なサービスを抜粋、比較してみました。ほとんど平SFCで網羅していて、差があるところは国内線予約先行受付と座席指定範囲、それとフライトボーナスくらいです。国内線予約先行受付と座席指定範囲は現状で問題としていませんので、フライトボーナスが一番の大きな差といったところでしょう。

SFC SFCブロンズ SFCプラチナ
ANAラウンジ利用
国際線プレミアムエコノミーへの変更
国内線予約先行受付 2ヶ月前 2ヶ月前 2ヶ月と2週間前
国内線座席指定範囲 やや広い やや広い もうちょっと広い
優先チェックインカウンター(国内線) ANA PREMIUM CHECK-IN ANA PREMIUM CHECK-IN ANA PREMIUM CHECK-IN
優先チェックインカウンター(国際線) ビジネスカウンター ビジネスカウンター ビジネスカウンター
手荷物受け取りの優先 PRIORITYタグ PRIORITYタグ PRIORITYタグ
空席待ちの優先取り扱い 種別A 種別A 種別A
フライトボーナスマイル(SFCゴールドの場合) 40% 45% 95%
スカイコインへの交換倍率(1万マイルを交換する場合) 1.2倍 1.3倍 1.3倍

参考


フライトボーナスマイルの差

普段使いそうな路線のフライトでもらえるマイル(ボーナスマイル込み)をSFCのステータス毎に比較。なお、運賃倍率100%(ビジネスリピート想定)で記載しています。

SFC SFCブロンズ SFCプラチナ
羽田-伊丹(片道) 392 406 546
羽田-千歳(片道) 714 739 994

仮に伊丹と千歳に年間5往復ずつしたとすると、SFCのブロンズとプラチナで得られるマイル数の差は3950マイル。

SFC SFCブロンズ SFCプラチナ
羽田-伊丹(5往復) 3,920 4,060 5,460
羽田-千歳(5往復) 7,140 7,390 9,940
合計 11,060 11,450 15,400

3,950マイルはざっくり1マイル2円で換算すると7,900円相当となります。

アップグレードポイント

アップグレードポイントについては、今回はユナイテッドやらエアカナダやらのANA以外のポイントが約12000pp紛れ込んでいることから、羽田-沖縄往復をやってもやらなくても30,000~39,999ppのレンジとなり、貰えるアップグレードポイントは10ポイントです。

f:id:noanohakobune:20160815102007p:plain
https://www.ana.co.jp/amc/reference/premium/upgrade-point/

まとめ

  • 主要な特典は平SFCSFCプラチナでは変わらず
  • プラチナステータス獲得に必要な追加の費用51,380円
  • SFCプラチナステータス獲得によるフライトボーナスマイル3,950マイル(7,900円相当)

費用面(獲得フライトボーナスマイル)で考えると、羽田-沖縄修行(といっても1往復だけ…)をするメリットが見出せませんでした。
若干あるSKYコインを利用すれば修行費用は押さえられますが、メリットがあんまりないのでプラチナステータスは無理して取りに行かないことにします。