読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

making for the future

〜食べたもの、気がついた事、時々ITネタの自分用メモ

さまよう刃 東野圭吾

クソガキ強姦少年スガノカイジvs被害者の父長嶺vs警察
被害者の立場を顧みない少年法への問題提起。本書はそれにつきます。

クソガキがレイプ中に覚せい剤を使用、その影響で娘は死んでしまいます。
それを知った娘の父長嶺は密告者からの情報を元に、カイジのレイプ仲間の家に侵入。レイプのビデオを発見。帰ってきたレイプ仲間を勢いで殺す。
長嶺は未成年の犯罪は更生を目的とした少年法のせいでカイジは捕まったとしてもたいした刑を受けずに社会に戻ってくることが許せず、カイジを殺しに長野まで向かいます。
最終的に上野駅で他の女の子を人質に取っているカイジに猟銃を構え引き金に手をかけたところで、警察によって射殺。

長嶺への3回の密告、警察の久塚が連絡先を教えた誠から二回、3回目は久塚自ら。警察でさえも少年法の理不尽さを感じ、長嶺がカイジを殺すことを願ってしまったりする。

「ガキが犯人でないことを祈ってくれ。」
最後に、他の殺人事件が起きたと聞いた時の言葉が印象的でした。

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)